私の背が低いために困る意外なこと

私は背が低く、150cmしかありません。

最近このために若干困ることが起きています。

それは、最近の建物の、レバーハンドル型のドアノブに、洋服の袖口やポケットが入ってしまい、ドアを開閉して通るときに、たびたび引っかかってしまうのです。

もう少しドアノブが低いと助かるのですが、最近の家屋は平均身長が160cm程度と想定されて作られているのかも知れません。

自宅だけではなく、職場でも引っかかってしまうので、大変不便で困っています。

今日は自宅で、洗濯物を出し入れしていたら、往復するたびにドアノブに服が引っ掛かり、洗濯物まで廊下にばらまいてしまい、本当にどうしたものかと考えました。

素人ながらドアノブをはずし、レバーを1cmでもいいので上下したら変わらないかと思い、ノブを外そうとしました。

そしたら、家族に家が壊れると猛反対されてしまい、ノブの部分を厚紙や空箱で覆うように言われましたが、そのような物がドアについていたら余計邪魔です。

色々考えた末、要はレバーハンドルのハンドル部分に、引っかかる隙間がなければ引っかからないのではと気付きました。

そこでハンドル部分にやや平べったいぬいぐるみを挟み込み、ハンドルの隙間を埋めることで、ノブに引っかからないようにしました。

ぬいぐるみを挟んでからは引っかかることが無くなり、しかも扉の可愛らしいアクセントにもなって我ながらいい方法だと思いました。

男性やお年寄りの場合、ぬいぐるみを挟むなど気恥ずかしい方もいると思います。

そういう場合はタオルと挟むと良いと思います。

レバーハンドル式のドアノブに困っている低身長の方に、今後アイデアとして教えてあげたいと思いました。