ペットボトルよりも急須で淹れるお茶が好き

食事の後には、必ず飲むほど大好きなお茶です。

基本は1日2回ですが、多い時では1日に5回飲むことがあります。

お茶と言っても、ティーバック、お茶の葉、ペットボトルで飲むものがありますね。

ペットボトルのお茶を飲むのはお花見のとき、旅行のときと数えるほどしかありません。

お茶の葉に比べて新作が続々登場するため、ハマれば楽しいと思います。

スーパーやコンビニに入らなくても、自動販売機で買えるところも便利です。

しかし、毎日1本に150円の金額を出すことを考えたら、1ヶ月で4500円もかかることになります。

高いのでお金のことを考えて楽しめません。

私が思うことなのですが、味も人工的に作られている感じがします。

急須のお茶にある体に染み込んで、あぁホッとする!という感覚がないのです。

冷たいというのも理由の1つかもしれませんが、駅前で温かいお茶を購入して飲んだ時にもやはり同じでした。

お茶を飲む目的は、健康のためだけでなく癒しを得るためでもあります。

健康面で考えると効果は同じなのかもしれませんが、癒しを求めるなら急須のお茶です。

学生時代はお湯を沸かすのも面倒で、高いと納得しながらもペットボトルのお茶を買ってました。

親に注意をされたのがきっかけで、お茶の葉を買ってしぶしぶ急須で淹れ始めたわけですが、毎日飲んで1ヶ月1000円もかかりません。

ペットボトルよりも美味しいし、幸せな気持ちを味わえて、お財布にも優しいことを考えたら夢中になってしまいました。

普段はスーパーで特売されている、300円から400円のお茶の葉を買うことが多いです。

安く買えるお茶にこだわってリピートしていたら、防風通聖散効果もある少しリッチなものが飲みたくなりました。

お茶のためだけに、車で15分の場所にあるスーパーまで行き、購入しました。

福岡の八女茶、静岡のお茶、知覧茶はどれも値段が500円以上です。

今回は値段で選ばず、気持ちに素直になって知覧茶を購入です。

初めて知ったのですが、知覧茶は鹿児島県で盛んに栽培されているお茶なのです。

鹿児島って、西郷隆盛から焼酎のイメージがあったので、新しい発見でした。